マニフレックスの腰痛効果の前に腰痛にならないマットレスの特徴を

最近、腰痛で悩んでいる人向けに腰痛対策マットレスというものが販売されています。

 

数ある腰痛改善の効果があるマットレスの中から、私が今使っているマニフレックスの三つ折りマットレスを紹介していきますね。

 

まず、腰痛改善の効果があるマットレスにはどのような特徴があるかを解説していきます。
腰痛改善の効果があるマットレスには、

 

 

体圧分散に優れている
高反発フォームが使われている

 

という2つの特徴があります。

体圧分散に優れている

体圧分散とは、寝ている間にかかっている圧力を分散させて、体の一部分に圧力がかかりすぎるのを防ぐというものです。

 

人は、仰向けに寝ている時に腰、背中、首の順で強い圧力がかかっています。

 

体圧分散が上手くいかないと、寝ている間ずっと腰や背中、首に負担がかかり続けている状態なのです。
強い圧力がかかり続けると血行が悪くなったり、筋肉が緊張したりして、腰痛や肩こりの原因になってしまいます。

高反発フォームが使われている

高反発フォームとは反発力の強い素材のことで、高反発マットレスのことを言います。

 

どうして、高反発マットレスが腰痛改善の効果があるかというと、体をしっかりと支えてくれて寝返りがしやすいからです。

 

寝返りは、体の一部分に圧力がかかるのを防ぐためにする行為なんですよ。
実際にやってみたらわかるのですが、柔らかいマットレスよりも硬いマットレスの方が寝返りを打ちやすいんですよね。

 

 

逆に柔らかいマットレスだと、寝返りが打ちにくい上に体が必要以上に沈み込んでしまいます。
体が沈み込み過ぎると腰などにさらに圧力をかけてしまうので、腰痛改善に低反発マットレスは向きません。

マニフレックは腰痛改善の効果がある?

先ほど挙げた「体圧分散が優れている」と「高反発フォームが使われている」の2つの条件を満たしていれば、マニフレックスのマットレスも腰痛改善の効果があるといえます。

 

マニフレックスの三つ折りマットレスは5種類あるのですが、全てにエリオセルという独自素材が使用されています。

 

エリオセルの特徴は、高い体圧分散性と高反発ということで、マニフレックスのマットレスは腰痛改善の効果があると言って大丈夫です。

 

マットレスは、N(ニュートン)という単位で硬さを表すのですが、エリオセルは170Nもあります。

 

100N以上の硬さのマットレスを高反発マットレスというのですが、エリオセルは170Nととても硬いマットレスであることがわかりますね。
フランス発ということで、マットレスの硬さはフランスに合わされているようです。

 

日本人男性の平均身長と体重は、170,7pの64sになっています。

 

しかし、フランス人男性は175,6pの77.4sと日本人とは全く違う体格をしていますね。
体重が軽いと体がほとんど沈み込まないので、腰痛改善の効果が薄いかもしれません。

 

その点、体重が重い人には特におすすめです。

 

体重が重くても、マニフレックスなら沈み込み過ぎるのを防いでくれますよ。
スポーツ選手が愛用しているマットレスということもあり、筋肉量が多い人でも安心して使いことができます。

トップへ戻る